マイナンバー制度とBPO

マイナンバー制度が施行されてからBPOの手順も変わったと言われています。

もちろん、仕組みそのものが変わったわけではなく、マイナンバーの取り扱いを考慮しておかなければならないと言うことです。個人情報の漏洩は重大な時代ですが、その一つにマイナンバーが加えられたのです。



具体的にはどのような手続きになるのでしょうか。企業は社員に給料を支払います。

ただ、そのための計算や銀行への振り込み、税金の計算などはできるだけBPOを使用する傾向にあります。



これは個人情報を社内で管理せずにアウトソーシングする外部に管理を任せることができるからです。


特に給料の支払いはマイナンバーとリンクしていなければなりません。つまり、どこかで必ず管理しておくことになるのです。


もちろん、中小企業であれば事務員さんがすべてを管理しているでしょう。


しかし、BPOを活用するレベルの企業になると話は簡単ではなくなるのです。幸いにも現代はインターネットを普通に使うことができるようになりましたから、セキュリティを確保した状態でデータの受け渡しが可能です。各社員に支払われる給料のデータもBPOを行う企業間でやり取りすることができるのです。
これまでもBPOを活用してきた企業ではマイナンバー制度になったからと言って作業内容が大きく変わるわけではありません。これまでのことをより確実に行うだけでしょう。



経理担当者だけがしっかりと理解していればいいだけです。