マイナンバーとBPO

マイナンバーは個人情報の中でも非常に重要度の高い情報です。

その処理を間違えると大きな問題に発展する危険性があります。
そこでそのリスクを回避するためにBPOを採用する企業が少なくありません。

BPOとは企業内の業務の一部を外部委託することです。マイナンバーが必要な経理処理などを外部委託したとしても企業の業務に直接の影響はありません。本来の業務ではないからです。

誰にどれだけの給料を支払うかは企業が決めますが、各個人のマイナンバーを知る必要はありません。



個人とマイナンバーのリンク付けの情報をBPOによってすべて外部に管理してもらうのです。



この仕組みは現代のインターネットを利用したネットワークを使えば難しいことではありません。
ただ、それらのBPOが確実に行われていることを監視することが企業には求められます。

しっかりと管理していない会社にアウトソーシングなどできないのです。
もちろん、マイナンバーに対応したBPOサービスを提供している企業はそれらの安定した仕組みを作り上げています。



これからはその流れが主流となるでしょう。
業務を分離することによって、必要のない情報を入手する必要がなくなり、同時に管理も不要になるのです。企業が注力すべき業務に専念できる環境を作ることは将来の展望を描く上で非常に重要なことです。


経営層がそれを認識しているなら安心してください。
外部の仕組みの変化に柔軟に対応する仕組みができあがっているからです。